I am 麺TOR ~アイ アム メンター~

I am 麺TOR ~アイ アム メンター~

新潟を拠点に年間300杯を超える「麺活」を行う「麺活家みなってぃ」のオフィシャルサイトです。
新潟でラーメン通の管理人が、新潟のラーメンを中心に、蕎麦・パスタ・うどん、さまざな麺類を全国に情報発信していきます。新潟市中央区、西区、東区、南区、北区、江南区、秋葉区、西蒲区などを中心に食べ歩き、様々な麺類の飲食店さんを紹介していき、特に厳選した本気でオススメする美味いラーメン情報を提供いたします。


  •  お気に入りに追加
当店のツクツク!ページはこちら

  お店情報・ギャラリー

私は大学卒業後、富山の産廃会社に就職し、まもなく新潟に転勤となります。
新潟といっても広いですが、私の赴任地は「燕三条」とよばれる洋食器・刃物などの金物の町でした。
その時、燕三条系の背油ラーメンを最初に食べたときの感動、インパクトは今でも忘れません。

麺はうどんのような極太麺、煮干しなどの魚介系の出汁が効いた濃い口しょうゆのスープ。
丼から湯気が上がらないほどに大量の豚の背脂が表面を覆っていて、長ネギの代わりに玉ネギのみじん切りが薬味として使用されていました。

歴史を紐解くとこれには理由があり、燕市は、古くから洋食器の製造が盛んな土地で、背脂ラーメンは工場で働く人達への出前として生まれました。暑い工場の中でたっぷりの汗をかいて働く人達のために塩分を多く入れ、その塩分の緩和とスープが冷めないようにたっぷりの背脂を浮かせたのです。そして出前ということもあり、食べるまでに麺が伸びてしまわないようにと極太麺にしたそうです。

そしてそんな燕三条に赴任してしばらく経つと、新潟には「新潟4大ラーメン」があることを知ります。
それは当時「新潟あっさり醤油」「新潟濃厚味噌」「燕三条背脂」「長岡生姜醤油」のラーメンが雑誌に特集されていましたが、
この4つをラーメン評論家の石神秀幸が「新潟4大ラーメン」と定義します。
さらには2011年頃からは新潟4大ラーメンに三条カレーラーメンを加えることで、
現在では新潟5大ラーメンとしてのメディアへの露出が多くなってきました。

それからというもの、私は完全に新潟ラーメンの虜になり、
ラーメンだけでも年間250杯以上食し、そして今ではラーメンに留まらず蕎麦やパスタなどを含めると300杯以上、
あらゆる麺類と麺接し、麺活家として今に至ります。
お店の所在地 〒 950-2038 新潟県新潟市西区新通南一丁目2番1号
d04

  お店をFacebookでコメントする

  特定商取引法に基づく表示

ストア名称 I am 麺TOR ~アイ アム メンター~
http://www.compy-town.jp/minatty
サイト運営責任者 湊 理志
販売事業者 湊 理志
〒 950-2038
新潟県新潟市西区新通南一丁目2番1号
連絡先:s-minato1018@nifty.com
サイト運営担当者 湊 理志
  メールマガジン会員募集中